武田 豊樹
(茨城・88期)

 競輪界のトップに君臨し続ける第一人者。今年はウィナーズカップで久々のタイトル獲得と変わらぬ存在感を見せ付ける。関東ラインのリーダーとして貫禄の走りを披露する。


松谷 秀幸
(神奈川・96期)

 プロ野球から転身して着実に上昇。トップクラスに定着するまでに成長を遂げた。近況は戦法を自在にシフトして更に安定感を増す。節目の100勝を達成した当所で大暴れを。


村上 博幸
(京都・86期)

 今年は高松宮記念杯までGT3連続で決勝進出。一級品の差し脚は相変わらず抜群の切れ味を誇る。展開を捕えるだけでなく、不利な位置からでも巧みなコース取りで進出へ。


古性 優作
(大阪・100期)

 立て続けにビッグレースで決勝進出を果たし本格化。どんな戦法でもハイレベルでこなす自在性は更なる進化を遂げている。近畿のニューリーダーとして攻めの走りに注目。


吉田 敏洋
(愛知・85期)

 年齢的に前を任せる競走が増えたものの、パワフルな自力駆けは健在。愛知を長年に渡り引っ張って来た走りにファンが寄せる期待は大きい。中部連係から確実に優勝争いへ。



  前のページに戻る このページのトップに戻る
 
 
Copyright 2005 Chubunet All Rights Reserved.
当サイトにて使用されている記事、画像について無断転載、また、当サイトへの直接リンクを禁じます。